ビートの搬出

 →  ↑5℃ ↓-1℃ 積雪10cm

20111124_1

遅れていた農作業もビートの搬出で終わりです。
とはいえ、搬出作業は特定の業者さんがするので、農家さんではありません。
このところの雪でちゃんと運び出されるのだろうか、
ビートの取りこぼしはないのだろうか、と思っていたのですが、お見事です。
アームの先のかごのようなもので、ビートの雪山をガバッとつかみ、
雪を軽く落としながらトラックの荷台へ運びます。
その作業の早いこと、アームさばきの巧みなこと、
たまにかごをクルッと回転させて、うまい具合に荷台に落としていきます。
荷台のビートが山なりになっていたら、かごをグイッと押して、平らにしていきます。
トラックの運転手はフォークの大きい版みたいな農具(何て言うんだったっけ?)で、
こぼれたり、取り残しのビートを集めています。このチームワークのよさ!
そんな感じでてきぱきと搬出作業は終わり、また別のトラックに載せていきます。
で、全部取り終えると、また別の場所にあるビートの山へと向かって行くのでした。
お見事!一つ残らず運んでいきました。なんだかかっこいい。
ちなみにビートは士別町というところに運ばれて、砂糖になります。ご苦労様です。
スポンサーサイト